--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.07.27

ライスご帰還

ライスが去勢手術から無事生還いたしました!

昨日は10時に病院に連れて行き血液検査をしてライスを預けいったん帰宅。
13時に再度病院に行き、手術に立ち合ってきました。
もちろん手術室には入れないのでガラス越しで。

メスに比べてオスの手術はあっという間!
たぶん20分もかかっていないんじゃないかな。
メイの時は避妊+肥大した乳腺の切除もあったので小一時間かかってたのに。
あまりの速さにちょっと驚いてしまった。

「タマ、持って帰りますか?」と言われたけどさすがにそれは…
丁重にお断りさせていただいた(笑)

手術は何の問題もなく終わり、術後10分くらいで麻酔も覚め、
1晩点滴をするために入院。
今朝一番で迎えに行った時にはもういつもの元気はつらつ、
ハイテンションライスに戻っていた(汗)

昨日は一日何も食べていないのでうちに着いてからすぐにごはん。
がっつき具合はそうねぇ。普段の2割増ってとこかな。
20060728014719.gif

ごはんを食べて術後服を着せるとやっぱり動かない。
しばらくしてやっと寝る場所を探すために歩き出したけど、
けっしてアイの側に寄ろうとしないの(涙)
テーブルの下から見ているだけ。
20060728015316.gif

抜糸は10日後。
それまではなるべく走らせないようにしないといけないんだけど、
ん~できるかなぁ。


ライスのBefore/After。
そのものズバリの写真ですが…。
興味のある方は続きをご覧ください。続きを読む
スポンサーサイト
2006.07.25

ライス去勢前日

明日はライスの去勢手術だ。
当初はメイの抜歯も一緒にやるはずだったがご存知の通り
おなかの調子が悪いのでキャンセル。

去勢手術も抜歯も別段、急を要する手術ではないからメイが延期になったなら
ライスも延期しようか。とも考えたけれど…。
ライスももう9ヶ月。
かなり色気づいてきてて、ドッグランに行ってもマウントしてばかりでちっとも遊びにならない日も多々あり。
間違いが起きてからでは遅いので、ライスだけ決行することにしたのだ。

そんなわけでケンさんのTシャツをリメイクして急いで作った術後服。
20060725234332.jpg

ちゃんとチッコもできるようになってる。
20060725234532.jpg

メイも2年前に作ってあげた術後服を着て一緒にパチリ。
ふたりともピクリとも動かないの(笑)
カフェとかで大人しくさせたい時はコレ、いいかもね。
20060725234825.jpg


2006.07.24

下痢から24日目(食餌療法9日目)

メイの症状はすこぶる安定している。
ごはんを変えただけでこんなに変わるなんて…。
食べ物って本当に大切なんだね。

朝ごはん、夜ごはんとも「低分子プロテイン」を50g。
しばらくはこのドッグフードを与え続けて様子を見ることに。



ここに遊びに来てくださる皆様には大変ご心配をお掛けしました。
励ましの電話、メール、コメントもたくさんいただき、
アイは感謝の気持ちでいっぱいです。
皆様の暖かい言葉に何度勇気付けられたことか。

本当にありがとうございました。

これからも何か変化がありましたらご報告がてら更新させていただきます。
が、便りのないのが元気な印と申します。
またアイのさぼりグセが出てしまうかもしれませんが
これからもどうぞMei Factory通信をご贔屓に、よろしくお願いします。
2006.07.21

下痢から3週間(食餌療法6日目)

起きた瞬間に大量のチッコ。
これでこそいつものメイだ。

朝ごはんは「セレクトプロテインライト(コッド&ライス)」を50g。
調子がいいので10g増やしてみた。
本当は1食で70g食べないといけないのだけど、
今はあまり走ったりしないしこのくらいでいいのかも。

朝ごはんの後で少し具合が悪そうなそぶりを見せたと思ったら、やっぱり…。
コロコロと一緒に形にならない軟便。
続いて少量の粘膜と少量の血液
何度も何度も出し渋る様子はなく、
出る物が出たら落ち着いたみたいで元気になった。

夜ごはんは「セレクトプロテインライト(コッド&ライス)」を50g。

2006.07.20

下痢から20日目(食餌療法5日目)

今日もメイは元気元気。

朝ごはんは「セレクトプロテインライト(コッド&ライス)」を40g。
食欲旺盛。

夕方のお散歩までチッコもウンチョスもしなかった。
特に出し渋る様子もないので、ただ単にしたくなかっただけかも。
それにしれもこんなことは初めてなので気になる。


今日は歩いてY病院へ。ライスも一緒。
往復で2時間くらいかかるのでいい散歩コースだ。

前回の診察から今日までの経過と、K病院でのお話、対応などを伝えた。
行き道でやっと出たコロコロのウンチョスで検便したが、
腸内バランスは問題ないとのこと。
K病院で大腸菌がゼロと診断されたのは便ではなくて粘膜を調べたからでは?
と言われた。
いくら抗生剤を飲んだとは言え、大腸菌がいなくなるなんてことはないのだそうだ。


とりあえず抗生剤を1週間飲んだのでもし寄生虫や細菌いたとしてももう死んでいるはずで。
逆に抗生剤で症状が改善されないのなら寄生虫・細菌が悪さしていたのでもないことになる。
今現在食餌療法で症状が治まっているのならこのまましばらく続けてみましょう。と。
抜歯もバリウムも内視鏡も延期。

そして、アレルギー対応食を食べて治まっているからといって、
即、アレルギーが原因だとも決められないのだそうだ。
潰瘍性大腸炎でも炎症性腸炎でも、もちろんアレルギー性腸炎でもごはんを変えることで症状が緩和したり改善したりするらしい。

これまた長期戦になりそうだ。

夜ごはんは「セレクトプロテインライト(コッド&ライス)」を40g。

体重、6.4kg。


待合室で会ったエミリーちゃん。
帽子はお母さんの手作りなんだそう。
人間のと同じでアゴにゴムを引っ掛けてるだけなのに、
全然嫌がりもせず(というか身動き自体ほとんどしていなかったけど…)
おとなしく被っていた。
20060722005304.jpg


2006.07.19

下痢から19日目(食餌療法4日目)

昨日一日食欲もあり元気だったメイ。
今までのローテーションだと元気がいい日の次の日は決まってダメダメの日だった。

でも、今日も朝からメイは元気でした!!

しかも朝一のウンチョスはちょっと固め。
トイレに落ちたとき「コトンッ」と音がしたほど。
食餌療法4日目にしてこれは間違いなくよい方向に向かっているのでは?

朝ごはんは「セレクトプロテインライト(コッド&ライス)」を40g。

夕方のお散歩は久しぶりに1時間半のロングコース。
メイもライスもとっても楽しそう♪
でも非常事態発生。
ずっと早歩きで歩きっぱなしだったからかアイの方がフラフラで倒れそうになってしまった(汗)
しかも折り返し地点を過ぎてすぐだったので家まではまだかなり距離があり…。
スポーツドリンクを飲んで少し休んだら治ったから良かったようなものの、
あたしももうそんなに若くないんだなぁと痛感したのでした。
自分の体調管理もしっかりしなくてはなりませんな。

さて、散歩中のメイのウンチョスは朝と同様の固いモノと一緒に
黄色がかった軟便+粘膜とごく少量の血液
………微妙だ。

夜ごはんは「セレクトプロテインライト(コッド&ライス)」40g。
ごはんを変えてからよく水を飲むようになった。
煮込んだ野菜やミルクをあげていないから当然といえば当然なんだけど少し気になる。

2006.07.18

下痢から18日目(食餌療法3日目)

9時ごろ、形はあるが少し軟らかいウンチョスをした。
粘膜と血液はない。
ウンチョス自体の色が新しいフードの色になってきた。

朝ごはんは「セレクトプロテイン(カペリン&タピオカ)」を30g。
メイはご飯の準備をしている時から目をキラキラさせてた(笑)
しっかり完食!
夜はもう少し増やしてあげよう。

元気は元気だけど今日は寒いのでイマイチ動きが鈍い。

雨が一向に止む気配がないので19時ごろライスだけ連れて散歩に出る。
雨散歩は初めての経験だけど
足が濡れることや雨が顔に当たることは全く気にしていない様子。
20060718234957.jpg

夜ごはんは「セレクトプロテイン(カペリン&タピオカ)」を40g。
ぺロッと完食。
30分くらいしてウンチョス。
量は少なめだけど少し固まってきた気がする!
食餌療法3日目で効果が出てきたと思いたい。
2006.07.17

下痢から17日目 (食餌療法2日目)

朝ごはんは「低分子プロテイン」35gにお湯をかけて与えた。
ごはんを食べてからまたいつもの軟便、粘膜と血液
食欲はあるが元気がない。

今日は雨なので散歩はお休み。

夜ごはんは「低分子プロテイン」35gをドライのまま与える。
吐き戻しなし。

抗生剤(フラジール)と整腸薬飲み終わる。
2006.07.16

下痢から16日目 血液検査

朝ごはんを抜いてK病院へ。
血液検査の結果は良好。
ただ一つ「好酸球」の数値が高い。
この「好酸球」とはアレルギー反応が出ている時に数値が高くなることが多いのだそう。

今までの経過と検査の結果をふまえて、
これからの治療方針を話し合った。

血便の原因として考えられるもの
 1.食物アレルギー   (病院療養食で対処)
 2.異物による腸内の傷 (バリウムで検査)
 3.ポリープ      (内視鏡で検査)
 4.腸の変形

これからの治療日程
7月16日(日) 病院療養食
  17日(月)  ↓
  18日(火)  ↓
  19日(水)  ↓ Y病院M先生とK病院S先生で話し合い
  20日(木)  ↓
  21日(金)  ↓
  22日(土)  ↓
  23日(日) 病院療養食で改善しなければ バリウム検査
  24日(月)
  25日(火)
  26日(水) バリウムで原因が分からなければ 内視鏡検査

実は26日にメイは抜歯手術の予約を入れていたので、
全身麻酔のついでに内視鏡検査もしましょう。
ということになりました。
でもこれはあくまでも前段階で改善されなければという話。
バリウムも内視鏡もしないで病院療養食で改善してくれるのが一番!
20060718171710.gif


セカンドオピニオンに踏み切って
ラッキーだったのはY病院とK病院が仲良し(?)だったこと。
提携病院っていうのかな。
お互いの先生同士で重篤な患者や珍しい症例についてよく勉強会を開いているそう。
たまたま19日にその勉強会が予定されているので、
メイの症例についても良く話し合ってきますとおっしゃってくれたのだ!
「二つの病院で協力し合って治していきましょう」とも。

あー心強い!!!

もともと1軒目のY病院を信用できなくなってK病院に行ったわけではなくて、
あくまでも他の先生の所見を聞きたかったからなわけで。
その両方の病院で協力し合ってくれるなんてこれ以上の味方はないです!!
これだけ信頼できる先生方に出会えたメイ家は本当にラッキーでした。


病院から戻り、早速腹ペコのメイに『低分子プロテイン』を50g与える。
が、数時間後に吐き戻す。
戻したフードを食べたがっていたのでそれほど心配はないか?
この1週間、毎食20gくらいのドライフードをふやかして与えていたのに、急にカリカリのまま50gも与えてしまったからきっと胃が驚いたのだろう。
腸が弱っているから胃も多少の影響を受けているのかも。
20060718173401.jpg

夜の散歩ではウンチョスはなし。
だが、また草を一生懸命食べている。
散歩中に少量のフードと草とフード色の泡を吐く。

夜ごはんは「低分子プロテイン」35gをふやかして与えた。

夜中からかろうじて形になっているくらいの軟便を1、2時間おき位に分けて何度もする。
だんだん量が少なくなっていく。
朝には形もない茶色い水のような便を少量。
でも夜中から朝まで血液も粘膜も混ざっていななかった。
吐き戻しもない。

ごはんは少しずつ増やしていってあげよう。

体重 6,35kg。

2006.07.15

下痢から15日 セカンドオピニオン

9時ごろ良いウンチョスを2回に分けてした。
元気そうだったけどその後下痢。血液なし。
朝ごはんはしぶしぶ食べ、すぐ下痢。
少量の血と白い泡(?)が混ざっていた。
粘膜と血液が出る時、いつもは一度の踏ん張りで出し切るのだが、
今日は何度も何度もチョビチョビ出していた。

とても具合が悪そう。

今日で下痢から2週間目。
改善するどころか少しづつ悪くなっているような気がして、
セカンドオピニオンをしてみることにした。
病院が変われば病気に対するアプローチも違うかもしれない。

午後、隣町にあるK病院へ行ってみる。
ここは去年、実家の犬が大変お世話になった病院だ。

検便の結果、いるべきはずの大腸菌が全くいない
という衝撃的な事実が!
先生も少し驚いていた。
明日朝ごはんを抜いて血液検査をすることになった。

病院が終わってから舎人へ。
ここでも粘膜と血液が出る。
それも朝と同じでチョビチョビと何度も。

一日に2回出たのは初めて。

体重 6,35kg。
2006.07.14

下痢から2週間

15時頃少量の粘膜と血液
便はいい感じ。
朝ごはんも気持ちよく食べ、元気そうだ。
夕方の散歩では良いウンチョスをした。

血便はだいたい2,3日出て1日休む。
そういうサイクルみたいだ。
2006.07.13

下痢から13日目

朝7時30分頃、とてもとても良いウンチョスをした。
こんなのを見るのは何日ぶりだろう。

が、朝ごはん後また粘膜と血液が出る。

比較的元気で過ごした。
2006.07.12

下痢から12日目

朝ごはんもぺロッと食べ元気。
昨日走らせたのが悪かったのか、今日は一変便秘だ。
22時30分くらいにやっと固いウンチョスを1回、それも少量しただけ。

メイのお腹の中で一体何が起きているのか。
一日も早く治してあげたい。
2006.07.11

下痢から11日目

また朝ごはん後に粘膜と血液
食欲はあり気分も良さそうに見える。

舎人で思い切り好きなだけ走らせたが…
明日どうなるか。
2006.07.10

下痢から10日目

昨日の具合の悪さがウソのように今日は朝から元気いっぱい!!
朝ごはん後も粘膜・血液はないが少し軟便。

今日は再診でY病院へ行った。
前回見つかった『たぶん腸の外にあるのだろう2mmのコリコリ』も大きくなっていないし、
メイの症状から見ても大病ではないだろうとの所見だった。

ただ、相変わらず腸内バランスが少し崩れているので、
抗生剤で腸をリセットすることに。
1週間抗生剤を飲んで悪い菌を殺し、その後整腸剤でいい菌を増やすという作戦。

上手くいってくれますように。
2006.07.09

試しに…

今日も具合が悪そうだ。
いつも決まって朝ごはんの後に血便を出すので、
今日は試しに朝ごはんを抜いてみた。
メイ自身も食欲が全くない。

メイの様子を見ながら家事をこなしていると、何か様子がおかしい。
玄関のドアの前にちんまりと座り、振り返って人の顔をジーーッと見ていたり、
洗い物をしているアイに前足でカリッとしたり…
こんなことは今まで一度もしたことはなかったけど、
どうやら「外に出たい」と言っているみたい。

家事が一区切り付いたところで出してあげると家の前に生えている雑草に飛びついた。
ものすごく真剣な目であっちの草、こっちの草と、まるで草ジャンキーにでもなったんかっていうくらい。
食べるだけ食べると落ち着いたのか「家に入ろう」と言う。

1時間くらいして思ったとおり草を吐き戻した。
しかも血が点々と混ざったピンク色の泡と一緒に!

今日は日曜日で病院はもうやっていない。
吐き戻してからは少し具合も良さそうなので様子を見ることに。

メイが安心して眠れるように添い寝をしてあげる。
今あたしが出来ることなんてこれくらいしかないから。

18時と20時にフードをふやかして与える。ぺロッと完食。
深夜1時ごろ血混じりの軟便。粘膜はなし。
2006.07.08

いやいや。

また朝ごはん後に粘膜と血液

浮き沈みが激しくて精神的に疲れてきた。

でもメイはもっと苦しいのだろうからあたしもがんばらなきゃ。
2006.07.07

やっぱり治ったのかな。

今日はこの1週間の中で一番元気だ。
血便もなく、とてもいいウンチョスをした。

明らかに体力が落ちているものの、気分転換にもなるかと思い、
プリンちゃん・まめちゃん、イヴちゃんを誘って遊んだ。

メイのせいで運動不足だったライスもかなり弾けてる(笑)

健康って宝物だよ。本当に。。。
2006.07.06

治ってなかった

また朝ごはん後に粘膜と血液

具合の悪そうなメイを見ているのがつらい。
2006.07.05

治った?

朝から食欲旺盛!
メイが元気でいてくれると家中が明るくなる。

一時的に薬が効いているだけなのか、
快方に向かってくれているのか。


2006.07.04

また今日も

朝ごはんを食べてから粘膜と血液
赤い物がドロドロっと出る感じ。
量は昨日よりも少なく見える。

昨日も今日も朝ごはんを食べると血便が出る。
出てしまえば元気になる。

夜ごはんの後には出ないし、軟便にもならない。

不思議だ。

2006.07.03

やばいんじゃない?

メイライスの朝ごはんはだいたい10時~12時の間にあげている。
出来るだけ時間やタイミングを決めないようにしているのだ。

今日の朝ごはんは12時。
メイはなんとなく元気がなくて食欲もイマイチだ。
フードを一粒口まで持っていってあげたらその気になったのか何とか完食してくれた。

が、食べ終わるとさらに元気がなくなった。
しっぽを巻き、耳を下げ、背中を丸めながら部屋の中をゆっくりゆっくり歩いている。
時に立ち止まり伸びをして、うずくまり、また立ち上がり…

やっとトイレに入ったと思ったら軟便とともに大量の粘膜と血液が!!

便を採取して午後の診療でY病院へ。
検便では若干悪玉菌が多めだが特に異常なし。
腸の触診で2mmくらいのコリコリがあることがわかったが、
これはおそらく避妊手術したときの糸の結び目だろうとのこと。
でも断定は出来ないので大きくならいか、今後も様子を見ることになった。
弱めの抗生剤を注射し、整腸薬を3日分もらった。
ごはんは腸の負担を軽くするために半分にするようにとのこと。

病院で疲れたのかぐったりと寝てばかりのメイ。
血便は昼の1回だけだった。

体重 6,5kg

2006.07.02

おや?

今日もメイはとても元気。
昨日の下痢なんて忘れちゃうくらい。
朝のウンチョスもいつも通りいい感じだし、もう大丈夫ね。

そう思っていたのに夕方の散歩で便の一部に血が混ざっていた。
でもメイは元気。食欲もある。

とりあえず今日も普通にごはんをあげて様子を見ることに。
2006.07.01

突然のP

パピーの時から何かと病院通いがたえなかったメイ。
足を捻挫したり、皮膚に湿疹ができたり…
3ヶ月病院に行かないと「最近行ってないなぁ」なんて思ったもんだ。
そんなメイだがお腹だけは強かった。
下痢をすることなんて滅多になかったのに、
今日の夕方、突然ひどい下痢をした。

でも本犬はいたって元気!
病気じゃなくても下痢することだってあるっしょ。
今日のところはごはんもいつも通りにあげて様子を見ることにしよう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。